Category Archives: 未分類

LG style2 L-01Lは外部ストレージもアップ!

LG style2は、前モデルstyleに比べて外部ストレージが400GBから512GBにアップしています。仕事で使う資料をまとめてUSBに保存したり、マイクロSDカードに入れて持ち歩きたい場合や、写真などのデータを持ち歩くことが多い方にはこうした容量アップは嬉しいですね。100GBでも違うとデータを保存できる量が変わってくるので、仕事用として新しいスマホをお探しの方にもおすすめです。またOSは、android8から9に変わっています。Bluetooth対応規格も4.2から5.0へアップしているので、使いやすさも抜群です。他のCPUや内臓ストレージは、styleとあまり変わりはありませんがメールやインターネット、SNSの閲覧程度でしたら十分なスペックと言えますね。ゲームを普段からされる方も3Dゲームなら容量を使いますが、それ以外のツムツムなどの軽いゲームなら問題なく楽しめるのでいつでも快適に使うことができます。

[ Leave a comment ]

生体認証システムは100%ではない

“スマートフォンに搭載されていても、不思議ではなくなっている生体認証システムですが、その精度は100%ではありません。
例えば、水に濡れている、夜間などでセンサーの働きが弱まっているなど、生体認証システムを阻害する要因は意外と多いのです。最近になって、より性能が向上した生体認証システムの話も聞きますが、これは、唐突に発生するトラブルを防ぐため、新しいセンサーなどを別に搭載しているという意味です。
つまり、生体認証システムの機能のみが大きく向上している・・・わけではないので、こちらにも注意してスマートフォンを購入するようにしましょう。もし生体認証システムの精度が高いものを探している場合は、赤外線カメラなどの機能をチェックしてみるのも良いです。
赤外線カメラの性能は、暗所での認識率に直結しているため、夜間などでセンサーの働きが弱まることが少なくなりますし、なにより精神衛生上で気を楽にしてスマートフォンを利用できます。”

[ Leave a comment ]

“Galaxy Note9(サムスン電子) サムスン電子のハイエンドスマホ “

Galaxy Note9の魅力は、何といっても「Sペン」というスタイラスペン。日常のメモ取りはもちろん、凝った絵描きにも使えます。Bluetooth通信にも対応し、自撮りの際にシャッター代わりに使うこともできます。メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備え、外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応しています。画面は1440×2960ピクセルの6.4型Super AMOLED(有機ELディスプレイ)で、ステレオスピーカーと相まって動画を大いに楽しめます。アウトカメラは「広角」「望遠(2倍)」のデュアル構成で、どちらも1220万画素センサーです。広角カメラはF値を物理的に切り替える機構を備え、明るい場所でも暗い場所でもきれいな写真が撮れます。インカメラ自分の顔をアニメ化できる「AR絵文字」や、よりキレイに撮影するためのアドバイスをしてくれる「撮り直しアラート」など、カメラ関連の便利機能も充実しています。

[ Leave a comment ]

“ゲーム補助機能:ゲーム重視なら見逃せない “

ハイエンドスマホを選ぶ理由として、カメラの撮影性能と並んで上位に入るのがゲームの快適さです。最近でこそ、ミドルレンジスマホでもそこそこゲームを楽しめるスペックを備えるようになりました。しかし、スマホの処理性能を極限まで駆使するようなゲームは、最新のハイエンドプロセッサに照準を当てて開発しており、常にハイエンドモデルでないと快適にプレイできないことすらあります。ハイエンドモデルを買えば、基本的にゲームプレイで困ることはほとんどないはず……なのですが、ゲームに関する補助機能を備えているとより快適です。ゲーム中の通知をカットする機能、ゲーム開始前に他のアプリを終了してメモリを確保する機能など、機種やメーカーによって備える機能もさまざま。よく調べてみましょう。サムスン電子のハイエンドスマホがいいですね。NTTドコモとauから発売されています。ドコモオンラインショップでは12万1176円(税込)、auオンラインショップでは12万9600円(税込)で販売中です。au製品一覧 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

[ Leave a comment ]

「らくらくスマートフォンme F-01l」とは?

2019年にグッドデザイン賞を受賞したおしゃれなデザインと、使いやすさが魅力の「らくらくスマートフォンme」。年配の方や小さなお子さんのようにスマートフォンが初めての方でも使いやすい、安心をぎゅっと詰め込んだ今最も注目のandroid携帯です。カラーは、ピンク・ブラック・ゴールドの三色展開、特徴はなんといっても画面や文字が大きいので見やすく使いやすい点にあります。電話やメールといった基本の機能やアプリも大きな表示で見やすく、まるでボタンを押すような感覚でタッチ操作ができるので安心です。特にスマートフォンが初めての方は、指が触れてしまった時に反応して違う操作をしてしまうといったことがないので、安心して使えます。またキッチンなどの水回りでも安心して使えるので、アウトドアなど外で使うことが多い方にもおすすめです。分からないことは、音声で検索することができるので面倒なタッチも必要ありません。安心して使えるスマートフォンをお探しの方、是非検討してみてはいかがでしょうか?

[ Leave a comment ]

これから登場予定! 折りたたみスマホは期待していいのか

SAMSUNGやHUAWEI、小米などから折りたたみスマホが登場しようとしています。まだ発売時期も明らかになっていないのですが、話題性は抜群。はたして、折りたたみスマホに期待してよいのでしょうか。まだ製品の登場時期も不明ですが、リスクを承知でも新しい製品を欲しがるガジェット好き以外は、しばらく様子を見るのが正解でしょう。おそらく、20万円近い価格になるのだと思いますが、そこまでのコストを払う価値があるかどうかは微妙なのです。特に、折りたたみ部分のゆがみは要チェックで、今のスマホは電源を落として蛍光灯などを映すと、すっと鏡のように反射します。折りたたみスマホで何百回と開閉を繰り返すとゆがみが発生する可能性が高いのです。そうなると、用途によっては映り込みの反射が気になってしまうでしょう。それでいて、20万円ほどのコストを支払って、得られる体験は1万円のタブレットと大差ないのです。最も嬉しいのは、誰も手にしていない折りたたみスマホを持っている満足感。そこを狙っているご同輩は、くれぐれも落下に注意してそっと使って欲しいのです。

[ Leave a comment ]

安定の人気「Xperia XZ3」

“Xperia XZ3は、スマートフォンをゲーム目的で購入する人に向いています。
というのもスペックが以下のとおりなので、他のスマートフォンでは得られないスペックが多いというのは本当のことです。Xperia XZ3のスペックとなりますが、本体サイズは158x73x9.9mm、質量193gなのでコンパクト、最軽量と言われているのは間違っておりません。
今では、ながらスマホでもそうですが、一日中でスマートフォンを操作する人が増えてきました。平均的なスマートフォンの質量と比較した場合、10gほどしか変化しませんが、このようなところにも配慮されているのが、Xperia XZ3の良さです。
しかも、SoCはSnapdragon845、OSはAndroid9(Pie)のような、最新のものが標準搭載されているため、Xperia XZ3は、他よりも優れているところが多くわかりやすい印象です。他のスペックでは、ストレージが64GB、メモリが4GB、画面サイズは6インチのトリルミナスディスプレイ for mobile(OLED)、1440×2880となっておりますので、美しいグラフィックを堪能できるのも、Xperia XZ3の利点と言えるでしょう。”au製品一覧 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

[ Leave a comment ]

Huaweiが新たな2画面スマホを開発中か

Samsung(サムスン)の後を追うかのように、ハイエンドな折りたたみスマートフォン「Mate X」を発売するHuaweiですが、同時に別のアプローチでの高機能化も目指しているようです。BGRが伝えた、Huaweiが欧州などで取得している特許デザインの新スマホです。欧州連合知的財産庁(EUIPO)などで申請されていた同特許を、オランダのLetsGoDigitalが発見して明らかになりました。背面のトリプルカメラの下に、2つ目のスクリーンが搭載されています。3眼カメラのうち、1個は正方形のレンズになっており、ペリスコープデザインで高解像度の光学ズームによる美しい写真が撮れそうです。Huaweiのスマホには、Leica製のカメラが採用されてきたことから、撮影に妥協しないハイエンドモデルがリリースされるのでしょう。すでに本体ディスプレイとは別に、背面にもサブスクリーンを搭載した2画面スマートフォンは、Vivoなども発売済みですけど、今回の特許情報からすると、Huaweiのデザインには工夫が凝らされています。

[ Leave a comment ]

シンプルなのに高スペック

Huaweiが「無印」の高スペックスマホを発表した。最近出ている、折りたたみなんかと比べると、インパクトはかけるがスペックに関しては本物だ。発表されたのは、フラッグシップモデルの「P30 Pro/P30」だ。カラーラインナップは5色あり、どれも色鮮やかでシンプルで綺麗な作りになっている。しかし、やはり気になるのはその機能。シンプルや「無印」だと、最新型に負けたりするのではないかと思うのは当然だ。では、まずはカメラ機能について話そう。カメラは、簡単に言ってしまうと10倍ズームができ、他のカメラよりも段違いにすごい性能だ。フロントカメラも綺麗に写せる高性能になっているし、指紋センサーや無線逆充電にも対応している。メモリは6GBあり、ストレージは128GBある。バッテリー容量は3650mAhあるため、決して低いわけではない。そして値段は日本円に直すと10万円弱だ。折りたたみ式を買うのに抵抗あるならば、こちらを私はお勧めしたい。

[ Leave a comment ]

スマートフォンの「NuAns NEO」

持ちやすさと美しさ、更には機能性といった特徴があり、高性能CPUや高精細で狭額縁設計の大型ディスプレイなどを搭載しているスマートフォンが「NuAns NEO」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、カーキ、サフランの4色が用意されており、ボディサイズは幅約74ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約11ミリ、重さ約150gになっています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン625オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイは驚きの高画質を誇る約5.2インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは最新急速充電技術に対応した3450mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはソニー製センサーやF2.0の明るいレンズがついた約1300万画素のメインカメラと広角レンズがついた約800万画素のフロントカメラが搭載されています。au製品一覧 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

[ Leave a comment ]