Monthly Archives: 5月 2019

安定の人気「Xperia XZ3」

“Xperia XZ3は、スマートフォンをゲーム目的で購入する人に向いています。
というのもスペックが以下のとおりなので、他のスマートフォンでは得られないスペックが多いというのは本当のことです。Xperia XZ3のスペックとなりますが、本体サイズは158x73x9.9mm、質量193gなのでコンパクト、最軽量と言われているのは間違っておりません。
今では、ながらスマホでもそうですが、一日中でスマートフォンを操作する人が増えてきました。平均的なスマートフォンの質量と比較した場合、10gほどしか変化しませんが、このようなところにも配慮されているのが、Xperia XZ3の良さです。
しかも、SoCはSnapdragon845、OSはAndroid9(Pie)のような、最新のものが標準搭載されているため、Xperia XZ3は、他よりも優れているところが多くわかりやすい印象です。他のスペックでは、ストレージが64GB、メモリが4GB、画面サイズは6インチのトリルミナスディスプレイ for mobile(OLED)、1440×2880となっておりますので、美しいグラフィックを堪能できるのも、Xperia XZ3の利点と言えるでしょう。”au製品一覧 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

[ Leave a comment ]

Huaweiが新たな2画面スマホを開発中か

Samsung(サムスン)の後を追うかのように、ハイエンドな折りたたみスマートフォン「Mate X」を発売するHuaweiですが、同時に別のアプローチでの高機能化も目指しているようです。BGRが伝えた、Huaweiが欧州などで取得している特許デザインの新スマホです。欧州連合知的財産庁(EUIPO)などで申請されていた同特許を、オランダのLetsGoDigitalが発見して明らかになりました。背面のトリプルカメラの下に、2つ目のスクリーンが搭載されています。3眼カメラのうち、1個は正方形のレンズになっており、ペリスコープデザインで高解像度の光学ズームによる美しい写真が撮れそうです。Huaweiのスマホには、Leica製のカメラが採用されてきたことから、撮影に妥協しないハイエンドモデルがリリースされるのでしょう。すでに本体ディスプレイとは別に、背面にもサブスクリーンを搭載した2画面スマートフォンは、Vivoなども発売済みですけど、今回の特許情報からすると、Huaweiのデザインには工夫が凝らされています。

[ Leave a comment ]

シンプルなのに高スペック

Huaweiが「無印」の高スペックスマホを発表した。最近出ている、折りたたみなんかと比べると、インパクトはかけるがスペックに関しては本物だ。発表されたのは、フラッグシップモデルの「P30 Pro/P30」だ。カラーラインナップは5色あり、どれも色鮮やかでシンプルで綺麗な作りになっている。しかし、やはり気になるのはその機能。シンプルや「無印」だと、最新型に負けたりするのではないかと思うのは当然だ。では、まずはカメラ機能について話そう。カメラは、簡単に言ってしまうと10倍ズームができ、他のカメラよりも段違いにすごい性能だ。フロントカメラも綺麗に写せる高性能になっているし、指紋センサーや無線逆充電にも対応している。メモリは6GBあり、ストレージは128GBある。バッテリー容量は3650mAhあるため、決して低いわけではない。そして値段は日本円に直すと10万円弱だ。折りたたみ式を買うのに抵抗あるならば、こちらを私はお勧めしたい。

[ Leave a comment ]