Monthly Archives: 8月 2016

カメラに強いドコモスマホ

ドコモスマホ、一体みなさんは、どのようなものを求めているのでしょうか。やっぱりドコモスマホに対してもカメラが充実しているものを求めている人たちが多くいらっしゃるようです。

NTTドコモでは、2016年5月11日に、夏商戦向けの新しいスマートフォン5機種を発表しました。冬・春商戦と比べモデル数は大幅に減少していることはしています。

だけど最先端の機能を詰め込んだハイエンドモデルから、使いやすいミドルクラスのモデルまでバランスよく揃ったという感じではないでしょうか。

一眼レフ並みのカメラを搭載したのは、Galaxy S7 edge、Galaxy S6 edge SC-04Gの後継機種です。F値1.7のレンズを採用し、ピクセルサイズを大型化することで暗い場所でも明るい写真の撮影が可能になりました。更に、キヤノンなど一部の一眼レフカメラで採用されている、位相差センサーと撮像素子の両方を兼ねるデュアルピクセル技術を採用したことで、高速なオートフォーカスを実現しています。

[ Leave a comment ]

カメラに強いドコモスマホ

ドコモスマホ、一体みなさんは、どのようなものを求めているのでしょうか。やっぱりドコモスマホに対してもカメラが充実しているものを求めている人たちが多くいらっしゃるようです。

NTTドコモでは、2016年5月11日に、夏商戦向けの新しいスマートフォン5機種を発表しました。冬・春商戦と比べモデル数は大幅に減少していることはしています。

だけど最先端の機能を詰め込んだハイエンドモデルから、使いやすいミドルクラスのモデルまでバランスよく揃ったという感じではないでしょうか。

一眼レフ並みのカメラを搭載したのは、Galaxy S7 edge、Galaxy S6 edge SC-04Gの後継機種です。F値1.7のレンズを採用し、ピクセルサイズを大型化することで暗い場所でも明るい写真の撮影が可能になりました。更に、キヤノンなど一部の一眼レフカメラで採用されている、位相差センサーと撮像素子の両方を兼ねるデュアルピクセル技術を採用したことで、高速なオートフォーカスを実現しています。

http://www.samsung.com/jp

[ Leave a comment ]

カメラに強いドコモスマホ

ドコモスマホ、一体みなさんは、どのようなものを求めているのでしょうか。やっぱりドコモスマホに対してもカメラが充実しているものを求めている人たちが多くいらっしゃるようです。

NTTドコモでは、2016年5月11日に、夏商戦向けの新しいスマートフォン5機種を発表しました。冬・春商戦と比べモデル数は大幅に減少していることはしています。

だけど最先端の機能を詰め込んだハイエンドモデルから、使いやすいミドルクラスのモデルまでバランスよく揃ったという感じではないでしょうか。

一眼レフ並みのカメラを搭載したのは、Galaxy S7 edge、Galaxy S6 edge SC-04Gの後継機種です。F値1.7のレンズを採用し、ピクセルサイズを大型化することで暗い場所でも明るい写真の撮影が可能になりました。更に、キヤノンなど一部の一眼レフカメラで採用されている、位相差センサーと撮像素子の両方を兼ねるデュアルピクセル技術を採用したことで、高速なオートフォーカスを実現しています。

http://www.samsung.com/jp

[ Leave a comment ]

カメラに強いドコモスマホ

ドコモスマホ、一体みなさんは、どのようなものを求めているのでしょうか。やっぱりドコモスマホに対してもカメラが充実しているものを求めている人たちが多くいらっしゃるようです。

NTTドコモでは、2016年5月11日に、夏商戦向けの新しいスマートフォン5機種を発表しました。冬・春商戦と比べモデル数は大幅に減少していることはしています。

だけど最先端の機能を詰め込んだハイエンドモデルから、使いやすいミドルクラスのモデルまでバランスよく揃ったという感じではないでしょうか。

一眼レフ並みのカメラを搭載したのは、Galaxy S7 edge、Galaxy S6 edge SC-04Gの後継機種です。F値1.7のレンズを採用し、ピクセルサイズを大型化することで暗い場所でも明るい写真の撮影が可能になりました。更に、キヤノンなど一部の一眼レフカメラで採用されている、位相差センサーと撮像素子の両方を兼ねるデュアルピクセル技術を採用したことで、高速なオートフォーカスを実現しています。

http://www.samsung.com/jp

[ Leave a comment ]

暑い時期に向けて!スマホの発熱対策が大切!

スマートフォンの発熱。よくないとは聞きますよね。

発熱した場合、バッテリーの持ちも悪くなったり、スマホ本体の不具合にもつながることもあり、また、バッテリーの寿命も縮むといいことはありません。

さて、その原因とはなんでしょうか。

スマートフォンの発熱については基本的にはスマホの利用度合いが高いほど発熱しやすく、処理が重かったり長時間使うことで発熱が起こります。

特に外気温が高い夏場では温度も下がりにくいということがあるので、対策を取っておくといいでしょう。

対策として、一つ目がCPUクーラーアプリと言うもので、CPUの発熱を抑える方法です。

発熱の原因アプリを止めてくれるもので、これを使うことで冷却してくれます。

また設定も大切です。

通信を頻繁に行うGPSを止めたり、必要ない環境ではWi-Fi設定を切っておいたり、画面の明るさを下げることも有効です。

一つ一つ設定するのが面倒であれば、フライトモード、つまり、オフラインに設定してしまうのも手ですね。

またスマホの背面に貼り付けることで冷却してくれるシートというものも今は出回っています。

特にケースに入っていると暑くなりやすいこともあるので、ケースを外して、シートを貼り付ければ効果があるでしょう。

ぜひ夏に向けて準備をしておいてはいかがでしょうか。

[ Leave a comment ]

“ドコモスマホ スマートフォンケースのトラブル “

ドコモスマホと、スマートフォンケース。日本人の人たちは、手帳っぽいものが好きなようですね。スマートフォンカードに、いろいろカードを入れておくというのが、一番便利と思うのは非常に理解出来るのです。しかし、スマートフォンケースを作っているのは、中国だったりして、 磁気のタイプが読み込みしなくなる事態までなかなか想定してないようです。

段々と、スマートフォンケースには、パスモとか入れたいけど怖いから入れてないという人たちが多くなって来ているようです。

ならば、一体何を入れればいいのでしょうか。名詞か、プロ野球程度でしょうかね。もうそろそろ、クレジットカードなどの磁気カードはスマートフォンケースに入れないというのが、当たり前の常識となりつつあるようです。

でも、やっぱりそこに入れることが出来るスマートフォンケースがあれば、一度痛い経験をしなければ気が付かない問題かもしれませんが。

スマホだけでなく、スマートフォンケースのトラブルも考えていかなければならないなんて。

[ Leave a comment ]

iPhoneの画面が割れてしまった場合

自分の使っているiPhoneが故障したらどうしますか?肌身離さず持ち歩いているからこそ、画面が割れてしまったり、水没してしまったりする危険度は高いでしょう。何か起こった場合、ネット検索して対処法を探そうとする人も多いのでは?例えば画面が割れてしまった場合…Appleのサポートページを見るとiPhoneの修理代金の表があり、画面割れのところを見るとApple Care+に「加入している場合」と「加入していない場合」で違いがあることが分かります。ちなみにApple Care+とは、Appleが提供するiPhoneの延長保証プログラム。2年間で2回までなら割引料金で過失や事故による損傷も修理できるんですよ。私も万が一の時に備えて加入しています。ちなみにiPhone 6s / iPhone 6s Plusの画面割れの場合だと、Apple Care+価格なら1万5984円で修理に出せますよ。安く修理できる非正規の業者も多数ありますが、これらの業者を利用するのはオススメではありません。なぜならこうした業者で修理したiPhoneは、その後一切Appleでは保証が受けられなくなってしまうからです。補修用のパーツが純正品ではなく、品質の悪いものだったりするからなのでしょうね。ドコモやsoftbankなどのキャリアショップでiPhoneを購入した場合は、購入時に加入できる保証プログラムがあるので、もし加入していれば修理代が安くすむケースもあり。故障する前に確認しておくと良いでしょう。

[ Leave a comment ]