Author Archives: admin

Galaxy A11とは?

“スマホを選ぶ上で重要視したいのは、価格だという方に是非おすすめしたいのが今回発表された「GalaxyA11」です。流行のトリプルカメラに画面内に施されたパンチホール式デザイン、そして指紋認証や顔認証機能対応で本体価格は驚きの1万円台となっており、スマホユーザーの間では非常に話題になっています。
ちなみにトリプルカメラは、1300万画素のメインカメラに500万画素の超広角カメラと、200万画素の深度カメラを搭載したものとなっています。画面は6.4インチの液晶ディスプレイを搭載しているので、見やすく使いやすい大きさです。ただし、カメラ性能を重視して選びたい方には少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。そこまでカメラの性能は気にしない方、普段使いとして使えれば十分な方、SNSにアップすることもない方におすすめです。
それ以外の機能としては、大容量バッテリー4000mAhを搭載、更に指紋認証センサーにも対応しています。チップセットは、2016年に発売されたsnapdragon625となっているので性能重視の方には向いていません。ただし、ゲームをしたりそこまで早い動作は求めていない方、基本的な使い方ができれば十分という方におすすめです。
デザインはホワイト、ブラック、ブルー、レッドの四色がラインナップ、シンプルなデザインなので年齢や性別を問わず幅広い世代におすすめです。本体はプラスチックでできていますが、安っぽさを感じさせないデザインで魅力的です。
重たいゲームをしたり、動画を長時間みる、という方で無ければスマホデビューの方や、月々のスマホ料金を抑えたい方、入門編ということで割り切ってシンプルに使えるスマホをお探しの方におすすめします。
本体価格は、現時点で約1万2000円で2020年夏に発売予定です。昨年発売された「GalaxyA20」とほぼ変わらない値段ですが、少しスペックを抑えたスマートフォンとなっているので注意してください。新しくスマホを買い替えたい方、バッテリーが長持ちするものをお探しの方、価格を抑えつつも基本的な使い方ができるスマホをお探しの方は是非チェックしておきましょう。
発売は2020年夏ということなので、発売日など正式な発表があるのを待ちましょう。まずはどんな点を重視して選びたいのか、明確にしておくことでスマホ選びも変わってきます。とにかく価格を抑えたい方、スマホは詳しくないけどシンプルな使い方ができれば十分、という方向けのスマートフォンです。”ドコモスマホ一覧

[ Leave a comment ]

Galaxy Zflipのスペックは?

Galaxy Zflipの気になるスペックですが、OSはandroid10を搭載、メインディスプレイは6.7インチで有機ELディスプレイを採用、カメラは広角レンズと超広角レンズを搭載しています。プロセッサーもsnapdragon855を搭載しているので、かなり性能は高くなっています。メモリが8GB、ストレージ256GB、バッテリーは3300mAhとなっているので十分な容量を備えています。今は話題の5Gには対応していませんが、顔認証と指紋認証に対応しています。ちなみに顔認証は、ボディを開いた時のみ対応となっているので注意してください。それでも顔認証、指紋認証が搭載されているのでセキュリティー面では安心して使えるスマートフォンとなっています。また充電する際は、有線・無線ともに使えるのでとても便利です。ワイヤレス充電に慣れている方もスムーズに使えるので、朝の時間がない時も有線を繋げなくて良い点が便利です。是非、全体のスペックも参考に検討してみてはいかがでしょうか。

[ Leave a comment ]

Galaxy A20 SC-02Mとは?

Galaxy A20 SC-02Mとは、2019年11月に発売されたGalaxyのエントリーモデルです。Galaxyシリーズの中では、性能は最もシンプルで最低限の機能を備えたスマホになります。何といっても本体価格が21,384円と低価格で最新のスマホが手に入る点が魅力です。月々の通信費を抑えたい方、スマホは最低限の機能が使えれば十分という方におすすめです。また低価格でも、おサイフケータイにも対応していますし、万が一の場合にも安心して使える防水機能も搭載しています。普段、水回りでスマホを使うことが多い方も安心して使える今注目のスマートフォンです。月々の通信費を抑えたい方は、支払い方法も一括払いと12回、24回、36回の中から選べるので無理なく支払いが出来る点も魅力です。ちなみにどの方法を選択しても本体料金は変わらないので参考にしてみてください。ただし、ドコモで実施している「スマホおかえしプログラム」は対象外となるので注意してくださいね。

[ Leave a comment ]

OPPO Reno 3 VitalityとReno3との違い

OPPO Reno 3 Vitalityは、前モデルであるReno3と比較すると本体価格がやや安くなり、少しスペックが落ちたミドルレンジモデルと言えるでしょう。本体は、Reno3と比較するとOPPO Reno 3 Vitalityの方が6,000円ほど安くなっています。またSOCに5G対応となったsnapdragon765を搭載しており、Dimensity 1000L 5Gとは違う点が最大の違いと言えますね。どちらもクアルコム製という点では安心感がありますが、単純にスペックは落ちているのでその点を考慮して選んでみてください。Antutuスコアで比較してみると分かるのですが、OPPO Reno 3 Vitalityは28万点になっているのに対し、Reno3は38万点なので一目瞭然です。もし二つの機種で迷っている方はAntutuスコアを是非見ながら、検討してみて下さいね。値段で選ぶかスペックで選ぶか考えてみてください。

[ Leave a comment ]

Galaxy Z Flipは女性向け?

今回、新しく発売される折り畳み式スマートフォン「Galaxy Z Flip」は、女性向けのデザインと噂されています。実際に今出ている最新情報を見てみると、縦方向に折りたたんだGalaxy Z Flipの形は、まるでファンデーションを折りたたんだようなコンパクトなデザインになっています。化粧品をイメージさせるようなデザインから、女性向けとして発売されるのではないかという情報も出ています。確かに本体背面に搭載されたデュアルカメラや、ディスプレイ上部にあるフロントカメラなど自撮り機能としても使いやすいデザインになっています。今までは、折り畳み式スマートフォンというと、どうしても男性向けといったイメージやゴツいデザインが特徴的でしたが、今回は新しく女性をターゲットとしたスマホとして売り出す、ということであればまた新たなGalaxyファンを生み出すスマートフォンになるかもしれないですね。ただ本体カラーはブラックなど、シンプルなカラーになっているので男性も使いやすそうです。

[ Leave a comment ]

Xperia8の画素数は?

Xperia8のカメラは1200万画素の「広角」カメラと、800万画素の「望遠」カメラのデュアルカメラとなっています。背面にデザインされた二つのレンズは、本体から少し出っ張ったデザインになっているので、机やデスクまわりに置く時は少し気を付けてくださいね。レンズが割れないように、ケースを付けて使用すれば安心ですね。また本体上部にイヤフォンジャックと、サブマイクが搭載されているので音楽をよく聴く方も安心して使えます。またカメラの質ですが、「通常モード」で十分綺麗な撮影が可能です。夜の夜景も白光することなく綺麗に撮れるので、夜景も綺麗に撮れるカメラが搭載されたスマホをお探しの方にもおすすめです。お子さんがいる方は、発表会などでスポットライトを当てた時にもキレイに撮れるのでおすすめです。ただしポートレートモードでぼかした写真にする場合は、少しリアル感がないので絵画のようになってしまうので、気になる方は一度試してみてください。

[ Leave a comment ]

jetfon P6の使い方とは?

海外でも使える便利なスマートフォン「jetfon P6」、実際にどのような手順で操作すれば使えるのでしょうか。使い方について詳しくみていきましょう。旅行先での事前準備としては、アプリを開いてプランを購入したらフライト当日は、渡航先でアプリを開いてプランを有効かするだけでOKです。他社のプランや、海外専用のWi-Fiを使う場合は、空港カウンターに行って手続きしなければならず、面倒なことが多いのですが、とにかくjetfon P6は簡単、操作も難しいものは一切ありません。これなら、初心者の方やWi-Fi接続が難しそうで不安な方も安心して使えます。もし、これから海外出張に行かれる方、便利で簡単なスマホをお探しの方は是非検討してみてください。アプリを開くだけなら、日本でスマホを使うのと変わらないので難しいこともなく、スムーズに使えます。海外旅行に行くことが多い方や帰国した後の設定が面倒な方も是非、一度検討してみてはいかがでしょうか。

[ Leave a comment ]

AQUOS sense3 plusとOPPO RENOAのディスプレイは?

スマホを選ぶ上で画面のキレイさ、見易さを重視して選びたいという方も多いと思います。少なくても毎日使うものなので、妥協せずに選びたいですね。そこでAQUOS sense3 plusとOPPO RENOAのディスプレイの違いについてみていきます。Sense3 plusは、「液晶」ディスプレイを採用、RENOAは「有機EL」ディスプレイとなっています。一般的には、有機ELの方が液晶に比べてコントラストに優れ、発色が良いと言われています。毎日動画を見る方や、スマホで映画を見る機会が多いという方は少しでも発色に優れた有機ELディスプレイのRENOAをお勧めしますが、そこまで画面にこだわりがないという方は液晶でも十分だと思います。是非気になる方は、画面のキレイさや違いを把握するために店頭で手に取ってみてください。実際に手に取ってみてみると違うなと思うこともあるので、確認しておくといいですね。またRENOAは、水滴型ノッチを採用したベゼルレスのデザインになっているため、画面占有率が非常に高いです。こちらも合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

[ Leave a comment ]

Android One S6のディスプレイは?

Android One S6のディスプレイは、約5.8インチなので大きすぎず小さすぎないサイズ感となっています。動画をみたりスマホでテレビを見たい、という方には多少小さいと感じるかもしれませんが、コンパクトなサイズ感で持ち運びに便利です。また画面は2280×1080ドットのTFT液晶を採用しているので非常に綺麗です。普段から写真や動画をよく撮るという方にも嬉しいRAM3GB、ストレージは32GBとなっているので十分な容量があります。万が一不足な場合でもmicroSDカードを利用できるので、とても便利ですね。デザインは、シンプルなブラックとホワイト、ラベンダーブルーの三種類、メインカメラは1600万画素と800万画素のデュアルカメラとなっているので、綺麗な撮影を楽しむことができます。カメラは綺麗に撮れれば十分という方におすすめです。もし気になる事があれば、Android One S6を購入する前に一度店舗で操作方法を確かめてみてもいいですね。

[ Leave a comment ]

galaxy S11の生産開始は12月下旬?

一早く新しいスマホをゲットしたい方にとって、発売日の発表はとても大切ですよね。今回はgalaxyS11についてみていきたいと思います。まだ正式は発表が行われていないので何とも言えませんが、S11の発売日は2020年3月初旬になるだろうと予想されています。そのため、製造が始まるのは2019年12月下旬頃だということで、既にスペックや性能については確定していると予想されます。8K動画に対応したスマホで、snapdragon855を搭載、カメラは5つ搭載されているかもしれないという驚異のスマホです。そこまでハイスペックなスマホとなると、気になるのは価格ですがやはり前モデルと同じくらいの価格になるのは間違いなさそうです。ちなみにカメラは光学5倍ズームに対応しているということで、カメラ性能も非常に高いことが分かります。SNSに投稿することが多い方は、カメラの機能が高いに越したことはありません。是非、正式な発表があるまで楽しみに待っていましょう。

[ Leave a comment ]